プールで泳いで肩こりが改善。体に無理に負担をかけず、ダイエットにも効果あり。

最近、家の近くにあるプールで泳ぎ始めてからというもの、すごく体の調子が良くて、自分でもびっくりしています。
プールに行くのは着替えたりシャワーを浴びたりと、いろいろと面倒に感じたりするけど、それ以上の大きなメリットがあると感じています。

「泳ぐ」といっても、そんなに大した距離を泳げるわけではありません。
プールに滞在しているのは、着替えとか準備とか、プールから上がった後のしたくを含めてだいたい2時間から2時間半くらいのものです。
なので、実際に泳いでいる距離としてはだいたい1000mくらいではないかと思います。
別に早く泳ぎたいというわけでもないので、できる範囲で少しずつという風に考えていつも泳いでいます。

私はゆっくりと自分のペースでクロールで泳いでいるですが、これがすごく肩こりに効果的です。
泳いだ後はもちろん疲れているのですが、肩の血行が良くなるからか、そのあとすごく肩が軽くなったように感じます。
日数を重ねるごとに、その感覚は確かなものだなと体感します。
普段パソコンを使った仕事が多いので、特に仕事終わりの疲労感に改善を感じています。

それから、ゆっくりでも泳ぐというのは相当な体力を使うみたいです。
プールに行った日の夜はすごくぐっすり深い眠りにつけるみたいで、翌日にすごく充実感がありリフレッシュ効果もあります。
意図的に疲れさせるなんて逆効果に思えてしまいますが、水泳というのが良いのかもしれません。
水の中だと全身に満遍なく負荷かかりますし、無意識に有酸素運動をしています。
きつい運動ではなく、体の一箇所を酷使するようなこともないので、ランニングとかよりも負担は少ないように思います。

有酸素運動は脂肪を燃やすダイエットにもなりますし、さらにクロールは血行を良くして肩こりを改善してくれます。
そして、睡眠の質も高めてリカバリー能力が上がったような気がするなんて、いいことづくめだと思います。
なので、最近は休みの日にプールに行くのがちょっと楽しみになってきています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です