冷えとり健康法の靴下重ね履き(4枚!)を続けて5年たちました

12
私は、冷えとり健康法を実施しています。主に、靴下の重ね履きを初めて、かれこれ5年ほどになります。最近はよく靴下の重ね履きといったフレーズを店頭や通販で目にしたり、本屋さんで本が並んでいたりしていて、なんか少しうれしい気持ちになります。私が始めたころは、まだあまり知られていませんでした。なので、靴下を買えるところは、ネットで数か所しかなかったように思います。
冷えとり方法はいろいろあるようですが、私には靴下重ね履きがあっているようで、ずっと続けています。まず絹の5本指靴下、その上に綿の5本指靴下、絹の靴下、綿の靴下と重ねて履いていきます。わたしは、もともと冷え症だったので、足元がポカポカと温かいのはとても気持ちがいいです。寝る時も履いて寝るのですが、さらに、ウールやアンゴラの編みこんである靴下を重ねます。そうすると、布団に入って横になった時にじーんわりと足があったかくなるのがわかります。レッグウォーマーも絹のものを愛用しています。もちろん全ての靴下が、ゆったりしていることが必要です。ゴムがきついと逆に足が冷たくなってしまうみたいなので注意です。ほんとは、お風呂で半身浴をしたいのですが、なにせ子供2人と一緒に入っているので、10秒湯船につかれればいいほうです。あと、白砂糖のとりすぎも冷えるらしいです。ほかにもいろいろ冷えとりの方法があるようです。頭寒足熱を意識して、足元を暖かくして頭を涼しくするといいとか、食べすぎがよくなく、コーヒーも控えめにするなど自分に合った方法を自分の体の変化を感じながら探すのも楽しいです。それと、心の冷えと体の冷えは、通じるものがあるみたいなので、イライラせず、ゆったりとした気持ちで毎日過ごしていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です